パズルを解くときに右クリックを活用する方法 (AutoHotKeyの設定)

オフ会報告エープリルフールのページ

nikoli.comでは、Shift + クリックで、白マス確定の・や○、スリリンの×を入れられます。ここでは、Shift + クリックの代わりに、右クリックを使いたい方のために、フリーソフトのAutoHotKeyを設定、活用する方法をまとめてあります。nikoli.com掲示板の「Flashで右クリックを使うスレ」とあわせてごらんいただくといいかもしれません。

ページ作成に際して、掲示板でおよせいただいたメッセージも参考にさせていただきました。

AutoHotKeyについて

AutoHotKeyは、Windows用のフリーソフトです。オープンソースのソフトウェアなので、ソフトウェアの設計図にあたるソースコードも無償公開されています。プログラムの腕におぼえがある方は、ソフトウェアを改良することもできます。

AutoHotKeyを使うと、キーボードやマウスをクリックした時の動作を変更したり、プログラムを自動で動かすことができます。詳しい情報を知りたい方は、AutoHotkeyを流行らせるページをごらんになってください。

AutoHotKeyのダウンロードとインストール

まずは、AutoHotKeyをダウンロード、インストールしましょう。ここでは、Windows XP、Internet Explorerで操作した場合を例にして説明します。

ダウンロードするファイルが2MB近くあるので、遅い回線をお使いの方は、時間に余裕があるときにどうぞ。

ダウンロード

  1. AutoHotKeyのダウンロードページ(別ウィンドウが開きます)に行きます。
  2. 「AutoHotkey (1966 KB)」のように書かれたところからダウンロードします。IEの場合は、リンクを右クリックして表示されるメニューから、「対象をファイルに保存」を選択すると、保存場所を確認するダイアログが表示されます。

    >>> ダウンロードの時のイメージ画像

  3. 適当なところに、ファイルを保存します。ここでは、デスクトップに保存しました。

インストール

  1. AutoHotkeyのインストーラダウンロードしたインストーラをダブルクリックします。インストーラの名前が、「AutoHotkey104805_Install.exe」のようになっているでしょうか。104805の部分は、バージョン番号ですよ。
  2. AutoHotkey セキュリティの警告セキュリティの警告が表示される場合は、「実行」をクリックします。
  3. AutoHotkey インストール開始インストール開始を促すダイアログが表示されるので、「Next」をクリックします。
  4. AutoHotkey ライセンスの同意確認ダイアログソフトウェアの使用許諾についてのダイアログが表示されるので、「I Agree」をクリックします。
  5. AutoHotkey インストールオプションインストールのオプション選択画面が表示されます。特に設定変更せずに(上の2つの□にチェックが入っている状態)、「Next」をクリックします。
  6. AutoHotkey インストールフォルダAutoHotkeyのインストール先をたずねるダイアログが表示されます。通常では、「C:\Program Files\AutoHotkey」になっているでしょう。特に設定変更せずに、「Install」をクリックします。
  7. AutoHotkey インストール完了インストールが完了しました。「Show Readme」のチェックを外して、「Finish」をクリックします。

AutoHotKeyの起動と右クリックの確認

AutoHotKeyを起動する方法は、いくつかありますが、ここでは、おすすめの方法を紹介します。

  1. まずは、nikoli.com用に書かれた、AutoHotKeyの設定ファイルをダウンロードします。下記のリンクを右クリックして、デスクトップなどにダウンロードしてみてください。

    >>> AutoHotKeyの設定ファイルその1 (settings01.ahk)

  2. AutoHotKeyの設定ファイルをダウンロードしたところダウンロードしたファイル(settings01.ahk)をダブルクリックします。
  3. 通知領域に表示されたAutoHotKeyのインジケータ画面右下、時計の近くに、緑の「H」のアイコン(インジケータ)が表示されていればOKです。AutoHotKeyが起動しているときは、ここにアイコンが表示されます。
  4. AutoHotKeyで読み込まれている設定ファイルを確認「H」のアイコンにマウスカーソルを重ねると、読み込まれている設定ファイルの名前が、ポップアップして表示されます。
  5. この状態で、おためし問題や、メンバーズページの問題を遊んでみましょう。スリザーリンク、ぬりかべ、へやわけ、美術館、ひとりにしてくれ、シャカシャカで、Shift + クリックの代わりに、右クリックが使えればOKです。

いろいろな使い方やヒントなど

AutoHotKeyの終了

AutoHotKeyを終了したいときは、画面右下、時計の近くに表示されている「H」のアイコンを右クリックして「Exit」を選択します。

AutoHotKeyの終了さてさて、ところが、右クリックの動作を変更していると、「右クリックが使えない」事態になってしまう場合があります。設定ファイルを書き換えて実験しているときなどは、要注意です。

右クリックが正しく動作しなくなったときは、「H」のアイコンをダブルクリックします。

AutoHotKeyのターミナルウィンドウが表示されるので、「File」メニューから、「Exit (Terminate Script)」を選択すると、AutoHotKeyが終了します。

Windowsが起動したときに、AutoHotKeyも有効に

nikoli.comのメンバーズページで、いつもパズルを遊んでいると、「パソコンを起動するたびにAutoHotKeyを起動するのがめんどうくさい」と思うかもしれません。そんなときは、Windowsが起動したときに、AutoHotKeyも有効になるように設定してしまいましょう。

  1. お好みの設定ファイル(ahkファイル)を、適当なところに保存します。デスクトップに置いたままだと、ごちゃごちゃしちゃいますから。ここでは、設定ファイルsettings01.ahkを、マイドキュメントに保存した場合を例にして説明します。
  2. settings01.ahkを右クリックして「ショートカットの作成」を選択します。

    >>> ショートカット作成のイメージ画像

  3. 作成したショートカットを右クリックして、「コピー」を選択します。

    >>> ショートカットをコピーしているところのイメージ画像

  4. マウスで「スタート」メニューをクリックし、全てのプログラムの中にある「スタートアップ」の上で、右クリックし、「開く」を選択します。

    >>> スタートアップを右クリックしているところのイメージ画像

  5. 「スタートアップ」フォルダが開いたら、何もないところで右クリックし、「貼り付け」を選択します。

    >>> ショートカットを貼り付けているところのイメージ画像

これで設定完了です。次回、パソコンを起動したときから、AutoHotKeyも自動的に起動し、設定ファイルが読み込まれるようになります。

AutoHotKey.ini

AutoHotKeyのプログラム本体と同じところに、AutoHotKey.iniというファイルがあると、AutoHotKeyをスタートメニューから(ahkのダブルクリックじゃない方法で)起動したときに、AutoHotKey.iniに書かれている設定内容が読み込まれます。下記のリンクからiniファイルをダウンロードして、C:\Program Files\AutoHotkeyにコピーすればOKです。

>>> AutoHotKeyの設定ファイルその1、ini版 (settings01.ini)

AutoHotKey.iniは、ahkファイルの拡張子を、iniに変えるだけで大丈夫です。お好みの設定のahkファイルをつくったら、ファイル名をAutoHotKey.iniに変更して、C:\Program Files\AutoHotkeyにコピーしておくといいでしょう。

「スタート」メニューからAutoHotKeyを起動したときに、「マイドキュメントに、AutoHotKeyのサンプルスクリプトをつくりますか?」と質問されることがあります。「Yes」をクリックすると、次回からこの質問は、表示されなくなりますが、マイドキュメントにつくられたサンプルスクリプト(ahkファイル)を消してしまうと、再び、同じ質問が表示されるようになります。このメッセージは、AutoHotKey.iniがあると表示されません。メッセージがうっとおしい方は、AutoHotKey.iniをつくっておくことをおすすめします。

Firefox用の設定

AutoHotKeyの右クリックの設定は、Internet Explorerとは、相性がいいのですが、Firefoxなどのブラウザでは、右クリックが通常の左クリックと判定されてしまうことがあります。パズルをゆっくり解いているときは、あまり問題になりませんが、早く解いているときは、思ったように動作しなくなることが多くなります。

下記のリンクは、Firefox用の設定です。右ボタンのドラッグができない、右ボタンを続けて早くクリックすると想定した動作にならないといった問題はありますが、白マス確定のマークをあまり使わない方には、こちらの設定が適しているかもしれません。

>>> AutoHotKeyの設定ファイルその2 (settings02.ahk)


Internet Explorerのnikoli.com専用設定

ここまでで紹介した設定ファイルは、nikoli.com以外のサイトでも、sl.swfのような名前が入ったウィンドウがアクティブになっていると有効になります。IEだけしか使えない設定ですが、「nikoli.comだけで設定を有効にしたい」という方は、下記の設定ファイルをお使いいただけます。

>>> AutoHotKeyの設定ファイルその3 (settings03.ahk)

注意点など


最終更新 2013年5月15日 - さとがえりの設定を、ini、ahkファイルに追記