24時間ジャンケン大会

パズル早解きゲームのページオフ会報告エープリルフールのページ

ジャンケンの手を1回出すだけで、勝つか負けるか、何分何秒勝ち残れるか、チャンピオンになるのはだれかが決まってしまう、面白イベントです。

2014年1月30日~2014年5月13日に開催された第9回24時間ジャンケン大会の結果が出ました。

これまでに開催された24時間ジャンケン大会の結果

ジャンケンの画像

24時間ジャンケン大会のルール、順位の決め方

ある日の00時00分00秒から23時59分59秒までジャンケン大会が開催されます。

応募を受け付けた時刻が、参加時刻です。月日は関係ありません。秒まで同じ時刻に複数の登録者がいた場合、その人たちは失格です。失格とならなかった出場者は、挑戦者としてその時点での王様とジャンケンで対決します。

挑戦者が勝ったら

挑戦者が王様になり、次に現れる挑戦者と戦います。ジャンケンの「手」は、最初と同じです。途中で変えることはできません。

王様が勝ったら

王座の防衛です。挑戦者は退場します。

あいこだったら

王様、挑戦者ともに退場となり、王座は空位になります。

王座が空位だと

挑戦者が不戦勝で無条件に王座につきます。大会開始時(00時00分00秒)には、もちろん王様はいません。

王座のまま23時59分59秒になると

応募を受け付けた時刻から23時59分59秒までが在位期間になります。日付が変わる直前に応募すると、不利かもしれませんね。


王様でいた時間がいちばん長かった人が優勝。以下同様に2位、3位…と順位を決定していきます。