08.05.31, 03:04   #08050023

にゃんこばずうか / へやわけ2008/03/28 その2

へやわけ2008/03/28 その1の続きです。

(2) 大きな数字の部屋でどかっと決めたい。
について。

せっかく大きいサイズの問題を創るんだから,何かでっかいことをしないともったいないな,
という貧乏性な発想と,
「でっかいこと」というからには「でっかい部屋」でやらないとな,
という短絡的な発想から,
にゃんばずの大サイズへやわけには,大きい部屋が多めに入ってます。

大きい部屋には,専用のちょー難しい解き筋がたくさんあるんですが,
あまりマニアックなのは使わないように気をつけています。
一方で,ひとつくらいは「大きい部屋ならでは」という要素もあったほうがいいかなぁ,
という気持ちもあります。冒頭にも書きましたが,にゃんばずは貧乏性なのです。
なので,比較的気づきやすいんじゃないかな,と思った難しい解き筋を1つ2つ,気分で入れています。

今回の問題だと「6in3×5」がそれにあたります。
(「6in3×5」とは,「6」が入っている3×5サイズの部屋,という意味です)
何名かの方がコメントで言及されていましたね。嬉しいです。

究極的には,

●マラバリスタさん:
初めて味わう6の決まり方があった。5,6,7のいろんな組み合わせがあって面白かった。

というような感想をたくさんの方からいただけるような問題を創りたいです。
難しいですけど。

(続く)

※注意※
この記事はnikoli.comスタッフとしてでなく,一作者として書いています。
へやわけについてのにゃんばずの好みも書いてありますが,あくまで個人の好みです。
nikoli.comの編集方針とは関係ないので,にゃんばずの好みと合わない方も安心してください。

コメント: 0 | | カテゴリー もろもろ

08.05.29, 00:52   #08050022

にゃんこばずうか / へやわけ2008/03/28 その1

あまり専門的な話をするのはどうかなぁと思いとどまっていたのですが,
リクエストが来たこともありますんで,宣言通り書くことにします。

3月28日の早解きで,にゃんばずのへやわけを使ってもらえました。
この問題の「解いた人のページ」にいただいたコメントのいくつかを引用しつつ,
へやわけについてだらだら書きます。
コメントしてくださったみなさん,ありがとうございます。

普段,にゃんばずが大きいへやわけをつくるときによく意識していることは,
(1) 大がかりな「黒マスによる分断禁止」を積極的に使いたい。
(2) 大きな数字の部屋でどかっと決めたい。
(3) 同じ解き筋を「連発」して勢いをつけたい。
(4) いろいろな解き筋を使いたい。
の4つです。

(1) 大がかりな「黒マスによる分断禁止」を積極的に使いたい。
について。

にゃんばずは基本的にダイナミックな展開が好きです。
分断禁止は易しい解き筋のわりに,盤面を大きく横断するように使うとダイナミックな展開にできるので,重宝しています。
にゃんばずは「できるだけ多くの人が最後まで解ける」ことが大切だと思っていて,

●にゃにゃトロさん:
はじめてアゼンを解ききれました。にゃんこばずうかさんありがとう!

というようなコメントをいただくのが何よりも嬉しいので,易しい解き筋は大好きです。
ただ,分断禁止については,

●ワトソンくんさん:
解き筋はそんなに難しいのは使われてないのですね。
最後の方はひたすら忍耐…長い糸が縁につながってるのかどうか、たぐっていくのが大変でしたー。

というコメントもいただいている通り,めんどくささと隣り合わせになっちゃうのが悩ましいところです。
「めんどくささを感じさせず,かつ,ダイナミズム(?)を感じてもらう」というのが理想なんですが,難しいですねー。
にゃんばずにとっての永遠の課題です。

(続く)

※注意※
この記事はnikoli.comスタッフとしてでなく,一作者として書いています。
へやわけについてのにゃんばずの好みも書いてありますが,あくまで個人の好みです。
nikoli.comの編集方針とは関係ないので,にゃんばずの好みと合わない方も安心してください。

コメント: 0 | | カテゴリー もろもろ

08.05.27, 02:36   #08050021

にゃんこばずうか / うーん

「この土日は雨」と前回書いてたのに日曜日は晴れましたねー。
だけど,すっかり雨だと信じ込んでいたのでほとんど何もできませんでした。

そろそろ次の言葉遊びをやりたいんですけど,
カガミ遊びを続けるのか,新しい遊びにするか,
どちらがいいでしょう?

まぁ,新しい遊びにする場合はネタを探さないといけないんですが…

コメント: 2 | | カテゴリー もろもろ

08.05.25, 01:29   #08050020

にゃんこばずうか / 川崎は雨

この土日はずっと雨のようです。むう。

おみやげプレゼント企画の賞品は,無事に当選者のみなさんに届いたようですね。
よかったよかった。
気に入っていただけると嬉しいです。

同封した手書きの手紙というかメモ切れは,発送担当者の(み)の提案で急遽作ったものです。
にゃんばずはあまり字がうまくないので恥ずかしいんですが,どうか笑ってお納めください。

このブログではこれからも似たような企画を行うかもしれません。
あくまでも「おまけ」のページですから,高額な賞品を用意することはありませんが,
そのぶん,手づくりの温かさを目指す方向でやっていきたいな,と思っています。
よろしくお付き合いくださいませ。

コメント: 0 | | カテゴリー もろもろ

08.05.23, 01:38   #08050019

にゃんこばずうか / 10番目

(金)のblogで10番目のパズルが発表されていることに今ごろ気付きました。
あーはずかし。

意外に思う方もいらっしゃるでしょうか。
面白いですよ,このパズル。電子媒体向きな気もします。

どのパズルか気になった方はぜひ(金)のblogへ。
ついでにコメントもそちらへお願いします。

コメント: 0 | | カテゴリー もろもろ

08.05.20, 19:41   #08050018

にゃんこばずうか / 変遷

今朝の関東地方は暴風雨でした。

にゃんばずは幼稚園から高校まで九州に住んでいました。
台風に窓ガラスを割られたり,玄関を壊されたり,
街路樹を薙ぎ倒されたりと怖い目にあわされたので,
暴風雨の日には当時のことを思い出してしまいます。ぶるぶる。

にゃんばずはこれまでの人生で,
島根県邑智郡→福岡県飯塚市→宮城県仙台市→神奈川県横浜市→神奈川県川崎市
と住所を変えてきました。
横浜市までは引っ越すごとに自治体人口が多くなってたんですが,
川崎市への引っ越しで初めて減少に転じました。

他に何か面白い規則性はあるかな?

コメント: 3 | | カテゴリー もろもろ

08.05.18, 14:15   #08050017

にゃんこばずうか / カガミ遊び その4

カガミ遊びです。
久々なので復習がてら遊びの説明を。

カガミ遊びとは,ある言葉の「カ」が「ミ」に変わったらどうなるか,という言葉遊びです。
例えば,

(1) モダンな打楽器といえば,木琴。

変換前の言葉が「モダン」,変換後が「木琴」,カガミ言葉が「打楽器」です。
「ダ」が「ッキ」なので,「モダン」のダがッキに変わって「モッキン」になります。
このように,「変換前の言葉」「変換後の言葉」「カガミ言葉」の3つを組み込んで
意味が(それなりに)通る文にする遊びです。

応用編もあります。

(2) 酒場で悟ってカバになる。
(3) 医者の手前で停車。

(2)は「サ取って」だから「サ」を取ります。
(3)は「テ前」だから「テ」を前に置きます。

前回のコメントに投稿された作品を見ていきましょう。

カインさん:
> 移籍金が関脇に発生しちゃったから、伊勢で飢饉が起きちゃった。

「関脇」がカガミ単語ですね。
「イセキキン」を「セキで分ける」から「イセ」と「キキン」と。

たくみんさん:
> 1.(1)意地悪なカガミ。
> 2.「維持化ノー意地反応のルミノール反応」
> 「目薬は目に氏開示野で点したくないのは、目薬は目にしみるので点したくない。」
解読できませんでした。「意地悪な」がカガミ言葉なんですよね。
たくみんさんに解説をお願いするのは悔しいので(笑),どなたか解読できた方,コメントで教えてください。

ワトソンくんさん:
> にゃばさんの作品を見て、あまりこらずにさらっといくのが(「さっとあぶって醤油を垂らしただけ」みたいで)粋かも、

そうですね。「粋」かどうかはわかりませんが,さらっとしたのがにゃんばずの好みです。
パズルと同様,できるだけ多くの人が気軽に楽しめる感じがにゃんばずの理想なので。
でも,ここに書き込んでくださる人には大のパズル好きな人が多そうなので,
さらっとした方向もパズルな方向もどちらもアリでいいかな,と思っています。
にゃんばずはさらっとした方向を貫きますが。

> おしまいの芝居は尾のない獅子舞

「オシマイ」の「オ」がなくて「シ」を倍にしたんですね。合わせ技。

らんだぁさん:
> 衣装を片して快勝した。

これが一番好きです。やっぱりにゃんばずはシンプル好きなのかも。
「ミステリー」は力作ですね。


今回はここまで。
コメントへの投稿お待ちしてます。

コメント: 8 | | カテゴリー 言葉遊び

08.05.16, 15:26   #08050016

深駆 / こむのうた4

「君の中に火…って、一体何の事だろう?」
私と疾風は画面に見入る。私はこの言葉の意味を考え始めた。君の中に、火…?君の中って事は心?でも県内に心という文字がつく地名は多分無い。お店の名前?それは広すぎるし、だいたいサラムは放火の対象と日付まで記した、って言っていた。これだけじゃ日付が絶対分からない…。例えば「君」を変換するとか?英語、ひらがな、ローマ字、卵の黄身?う〜ん、全然分かんない…。
「美寛ちゃん?」
疾風が私の肩をそっと叩く。
「え…?どうしたの、疾風?」
「『あ』の段、言ってみて」
疾風はいきなり訳の分からないことをいう。
「え…?『あかさたなはまやらわ』がどうかした?」
「やっぱり発音上手だね」
そりゃ、私は演劇部だったんだもん…って、
「疾風!今はそんな事関係ないでしょ!?」
「ふふ、ごめん。もう1つだけ、『い』の段、言ってみて?」
疾風は笑いながら言う。もう、しょうがないなぁ…。
「『いきしちにひみいりい』でしょ?それがどうか…って、あっ!!」
私は不意に気がついた。きみ、という文字がある。つまり、「い『き』しちにひ『み』いりい」…。
「疾風!じゃあ、この君の中、って…『しちにひ』…つまり、七日に火をつけるって事!!?」
「ああ、きっとね」
「でも場所が分からないよ。サラムは放火対象まで記したって…」
「ううん、美寛。言ってるじゃないの。『質に火』だろ?たぶんどこかの質屋じゃないか?」
そうか、質屋か…。そこで私の脳裏にあるものが閃く。
「…!あっ、疾風!!」
「え…美寛、どうしたの?」
「昨日の新聞に書いてあったの!来月の七日、近くのポーンショップで質流れ品の特売をやるって!!」
「本当?もしそうなら…美寛!」
「うん、分かってる!!パパに連絡、だよね!」

翌月の7日、放火犯サラムは逮捕された。暗号の件は、どうやら他の人のサイトに書いてあった暗号を流用したそうで、サラム自身もパズルのことはほとんど知らなかったらしい。それ以上のことは、きっと警察が調べるだろうから、私は聞かないことにした。本当はそこまで、知りたくないのかもしれない。実玖にその話をすると、実玖は犯人が捕まったことよりパズルの件で喜んでいるようだった。
「ああ、よかったです」
「何が?」
「犯人が直接的な意図を持って、パズルを事件に取り入れていたわけじゃなかったことが、ですよ。少なくともウチは、パズルをしている人に悪い人はいない、って思っていますからね」

コメント: 2 | | カテゴリー ブログ小説