11.08.29, 22:49   #11080007

裄紘 / 2011年3月の問題のコメントに反応...(後半)

裄紘です。
前回分のコメハンは八月のど真ん中でしたが、
早いもので八月ももう終わりですね。

というわけで残り半分ですが、例によってまた長いです。
早速始めましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆3月17日出題のぬりかべ(36×20 たいへん)
「右上、中央下、、、、中央上は、あれ?」(ちみかなさん)
「12と16が実に巧妙なフェイント」(geneさん)
「下の12と16は早い段階で予想が着いたが,上の22はおもしろい。」(めりりんさん)
「上が新しい♪」(xevsさん)
→三部作その3(1と2は2010年11月前半分のコメハンを参照)。
 3つあるうち仲間はずれが1つ、という感じの問題でした。

「斬新なラスト。境界の最小化問題。」(ねあるこさん)
「最後の分け方に悩みました。あそこはなくても大丈夫なのに気付くのに時間がかかりました(^^;」(にゃにゃトロさん)
→コレ、もともとは別解として見つかったものが面白かったので組み込んだんですよね。
 私が問題を作るときに、よくあることです。

「22と4の分け方が分からなかった。」(カインさん)
「22と4にしびれました。」(LANCERさん)
「22はどーんと。」(かえるちゃんさん)
「楽しい22。」(ちゅうさん)
「やはり最後に4と22」(風みどりさん)
「22の決まり方に感心」(ぶ りさん)
→おお、22の人気ぶりがすごいですね。

「12と16の決まり方が素敵」(ケロチャンさん)
→え、そっちですか?
 私もこっちの方が素直で好きですが。

「22が嫌な感じ」(まびおさん)
「22は読めなかった」(くろこさん)
「22の野郎!」(まっきんとっしゅさん)
「22が難しかった〜」(にょろにょろさん)
→決して22が悪いわけではないのです。
 責任は全て私。

「締めくくりが素敵でした(笑)」(うな しげおさん)
「最後やられました」(平ままさん さん)
「デカい数字が意外とバンバンバーンで豪快でした。」(ゆかぴーさん)
→仕上がりの形はそう複雑ではないのです。
 そこに至るまでは、また別問題ですが。

「1度目は手が進まなくなり、よく見たら分断していた。
 2度目の最後、22は試行錯誤しかないかなぁ…と、ちょっとやりかけた時計算したら見えてきた」(かんちゃまさん)
「30-22-4=4」(jyokunさん)
→普段とは違う考え方で解ける問題が好きなのです。
 本来ならば計算不要なパズルであえて計算をさせるのとか。

「うわー、一回目破綻したと思って最初からやり直したけど、最後まで同じ形になった。で、間違ってたのは最後だけだったよ^^;」(時化たさん)
「最後の形を決めるのに百通りくらい(大げさ)やってしまいました。ついに暴走か?次は千通りやんなきゃだめかな。」(はっぴーさん)
→うわぁ‥‥。ご苦労様です。
 苦労に見合った問題であればよいのですが。

「ボツ箱ギリギリのような気がする」(戦く小野君さん)
「22と4は計算しなきゃ…って以前にこれ、ボツ箱寸前なんじゃ…^^;」(CHUNさん)
→残念ながら(?)、どうにも一線は越えられなかったみたいで。

「なんかパズルを間違えたかと思った(笑)」(Takaaki-Kさん)
「最後は四角に切れか?」(ビルマのJooさん)
「四角に切れ」(呆念漫作さん)
「□」(ポケットさん)
→他のパズルの持ち味を無理やり移植してみよう、と思ったのが
 作ったきっかけだったような覚えがあります。



☆3月20日出題の波及効果(18×10 たいへん)
「右上が実に難しかったです。」(Hammyさん)
「前半はそうでもなかったけれど、だんだん難しくなってきた。」(alchemistさん)
「ふぅ〜。できた。たいへんだった。」(ねこのみーちゃんさん)
→波及効果の十日間連続出題最後の問題でした。
 作った当初はそれほど難しくないかと思っていたのですが‥‥。

「ここにこの数字が入るとあの部屋にはこの数字が入らなくなる…というのは見つけづらいなぁ…。」(かんちゃまさん)
「「ここは隣全部つぶれるから…」の推理が入って難しさがひとしお」(CHUNさん)
→数独なんかではポピュラーな手筋なのですが、
 波及効果に組み込むと途端に見つけにくくなりますね。

「うーん。破綻してしまった。」(deuさん)
「でけたぁ。完走! 終盤は破綻しまくりでした。ただ,総じて順位が良かったのが意外。」(ねあるこさん)
「一回間違えた」(ネオ0923さん)
「破綻しすぎたorz」(逆王手さん)
→本当に破綻しやすいパズルですね。
 解くのもそうですが、作るときの酷さといったら‥‥。



☆3月29日出題のヤジリン(24×14 たいへん)
「チェーンのパーツをいくつか作って最後につなぎ合わせる。おもしろい。」(めりりんさん)
「地道に行って最後にガーッと。気持ちいいです。」(てれまあくさん)
「分散して解けていたのが収束するところが、面白かった。」(カインさん)
「最後に一挙に解決するところがすがすがしい。」(はっぴーさん)
→似たようなことは以前にもペンパ本の問題でやりましたが、
 思いっきりやってみたくなったのです。

「開通した時の気持ちよさは格別でした。」(ワトソンくんさん)
「つながると思ってました!」(こだまさん)
「どっちみちつながる…はずだけど、どこまでいくの?みたいな」(CHUNさん)
→作りかけの線が次々に繋がっていくのが好きなんです。

「やり直して解けました。数字に関係のない黒マスを忘れそうになってびびりまくりでした。」(かえるちゃんさん)
「黒マスの置き忘れ…なさけない」(ネオ0923さん)
→ヤジリンの黒マスの置き忘れは、私もよくあります。
 コムの問題であればまだいいのですが、紙媒体だと忘れたままのもあるんだろうな‥‥。

「平行線がいっぱい」(お馬鹿さん さん)
「なかなか。」(小さな郵便飛行機さん)
「面白い☆」(穂摘束さん)
→短いコメントでも、いただけると嬉しかったり。

「裄紘さんの問題は不思議な面白さがありますねえ。かなりの確率で。どうやって作ってるのか不思議です。」(Hammyさん)
→どうやってと言われても‥‥本能の赴くままに作っている感じです。
 初めに「こんなことやってみたい」と思ったら、そこに向けて突っ切っていくような。

____________________________________________________________________________________________________________


最後に、かなりどうでもいい話を。
この3月17日のぬりかべと、昨日(8月28日)出題された美術館は、
実は同じ日に送った問題なのです。

‥‥‥‥だからなんだ、と言われればそれまでなのですが。
どっちも気に入っている問題ではあります。

そんなわけで、来月分のコメハンでもよろしくお願いします。
またお会いしましょう。

11.08.25, 01:19   #11080006

まいなすよん / 夏を見送りながらコメントに反応!

 46回目のまいなすよんのコメハンです。
 ずいぶんセンチメンタルなタイトルですが、別段なにがあったというわけでもないのです。
 別段なにもない日常に感謝しつつ、コメハンへ、いってみましょう。


☆3月14日出題のスリザーリンク(36x20 たいへん)
 線を伸ばしたところに数字が待ち構えています。といった感じで。

・線の伸び具合が軽快で楽しかった。(alchemist さん)
・ストレスのない延び方でした。(はっぴー さん)
 ぼくの感覚と波長が合った感じはとても嬉しいです、ありがとうございます!

・一度破綻して放置してたんだ。いろいろあった一週間。(ねあるこ さん)
 いろいろありました。としか未だに言えない私です。
 ともあれ、完成させていただきありがとうございます! ぼくも喜んでますし、このスリリンも喜んでいると思います。


☆3月17日出題の波及効果(10x10 おてごろ)
 流れ、というのも抽象的な表現なのですが、ある数字を決めたとき、そこから連鎖して決まるところは、逃さずすべて決めてしまう気持ちでいると解きやすいかも知れません。どういう問題が良い問題なのか、ということに関わるので難しいのですが。

・6って思ったより足が長いんですね!(ワトソンくん さん)
 そうなんですよね! 違うパズルで同じ数字の違う面を見つけるのも楽しく、違うパズルで同じ数字の同じ面を見つけるのも楽しく、です。

・このパズル、好きだけど、紙上で解く方が面白いと思う。(やのさん さん)
 ご意見ありがとうございます。実のところ近いことをぼくも思うのですが、本質的な向き不向きというよりは、裏返せば、紙上とは違った面白さが見せられる可能性がある、と考えて取り組んでいるつもりではあります。
 とは言うものの端的には、この問題イマイチ楽しめなかったってことですよね。より頑張りますので、次もぜひ挑戦お願いしまーす。


☆3月20日出題のヤジリン(36x20 アゼン)
 作成時にちょっとやりすぎたかなと思っていたのですが、編集部に判断してもらおうとそのまま渡したことを覚えています。

・ここまで難しいと逆に潔いなあ。上級切れたから良かったことにする。(けんじゃ さん)
・あきらめなければいつかは解けたーーーーヽ(`▽´)ノ ←日本語おかしい(ワトソンくん さん)
・がんばりました(upa さん)
・ひとつひとつ丁寧にですね。むつかし〜(にゃにゃトロ さん)
・ほめられたタイムじゃない身で言うのも何ですが、難しいんだけどじっくり腰を据えて考えれば道筋が見える、アゼンだけどハタンしない、親切設計だと(個人的には)思いました。(ゆかぴー さん)
・これは難しかった!(LANCER さん)
・できたー!!時間かかったけど、楽しかった〜。(ねこのみーちゃん さん)
・やっとできたよ(やいはらん さん)
・わたしの根気強さに拍手。それにしても絶妙な黒マスの配置であることよ。(やのさん さん)
・集中できなくなると中断して・・・点をつけずに粘ったけど・・ついに最後は・・(/_;)(はっぴーちゃいるど さん)

 そうですよね難しいですよね。いやどうも、最近この辺の感覚に不安を覚えることもありまして……やっぱりそう思いますよね! とうなずけて嬉しかったです、ありがとうございます!

・休み休み。じっと考えてわからなかったことが、保存して後で改めてやるとわかってくるのは不思議ですね。(はっぴー さん)
・途中からどーやっても解けなくなってしばらく放置してみたらするっとできた。(ぼたん さん)
 状況が変わった時、風景ががらりと変わって、これまで見えていなかったものが見えてくる、というような感覚はパズルの大きな魅力だと思います。さすがに狙って実現させるのは難しいですが。偶然かも知れませんけど、そう感じていただけたのはとても嬉しいです。

ということで3月中旬分でした。お付き合いいただきありがとうございました。
36x20が二つもあって、解き直しの体力が尽きてしまったので今日はここまで。完全にぼくの都合ですが。
次回もできましたらお読みいただけると幸いです。よろしくお願いします。

11.08.23, 14:14   #11080005

Guten / No.304-308

 だいじょうぶ ぴったり小銭が出せたから ぴったり白マス伸びてきたから

人生ついてるGutenです。
そう思い込まないとやってられませんよ。
たまたまコメハンのことを思い出したのでよく見たら、もう少しで1問消えるところでした。
ついてる。というかさぼってる。


☆2月27日出題のカックロ(19x11のたいへん)
 一見して周りから解けていくのがバレバレです。

 「Gutenさんのカックロって記憶にないけど、ニコリコムでは初めてでしょうか。
  満を持しての登場だけのことはありますね。」(920deChevalierさん)
 「できたー/確かにGutenさんのカックロは珍しいような。ケータイでは出題されてますね。」
  (Hammyさん)

 確か2問目だったと思いますが、まったく満を持してなどいないのです。苦手なだけです。

 「22がいいですね。」(てれまあくさん)
 「鶴にはなれない、わたしたちです。(22の階段とか茶目っ気たっぷり)BGM:『エール』松たか子」
  (オグランドさん)

 22のところは私も好きです。技術が足りないので、そういうところでしか演出できないわけですが。

☆3月1日出題の橋をかけろ(16x9のおてごろ)
 逸品館入り。あからさまな左右の違いにつきます。

 「斬新なのか温故知新なのか・・・左の方が好みかも。右はあとから解きました」(さぶろうさん)

 古着のパッチワークみたいな感じでしょうかね。

 「迷路みたいでした。」(あんみつ(はにぃP)さん)
 「濃淡!」(Yusuke-EuExさん)
 「左右で数字が違いすぎる(笑)」(ぶ りさん)
 「Nice contrast」(furudo.erikaさん)
 「区画整理前と整理後みたいな?」(CHUNさん)
 「先ず右に高層ビルが建ちます。次に左に平屋が建ちます。」(じみー@へんどりっくすさん)

 現代社会の矛盾を鋭くえぐって…はいません。でも私は左側に住みたいですねえ。

 「右側が仮組みの状態では中央がまとまらないのかぁ」(お馬鹿さんさん)

 なるべくそうなるように努力はしましたが、結果的に真ん中は右側に属しているので、
 左が残っていても解けるかもしれません。真ん中くるりも私らしい。

☆3月3日出題の美術館(24x14のおてごろ)
 桃の節句にふさわしい黒マス配置。と信じて見ればそう見えなくもないかもしれない。

 「妙にてこずった」(たろささん)
 「あぁ、そっかああ。」(かえるちゃんさん)
 「うっわ、めっちゃ時間かかったわ・・」(いずみんさん)

 お気持ちはよーくわかります。ちょこちょこ詰まりますよね。

☆3月5日出題の美術館(36x20のたいへん)
 斜め2マスの黒マス配置。階段救出系かな。

 「用語がこころもとないのですが、救出祭り? 楽しい狩りでテンション上がりました。」
  (ワトソンくんさん)
 「点を付けていけば素直な問題ですね。」(にゃにゃトロさん)
 「決まり方自体は素直だった印象。」(カインさん)

 作者の素直さがにじみ出ていますよね。

 「最近このパターンが多くない?」(LANCERさん)

 すいません。最近どころかずっとこうなんですよ。たまに違うのもありますが。

 「一回破綻orz。コムズカシイ手筋を使うかとあからさまに見えるけど結局使わなくて解けるという、
  やっぱりこの作者か。」(jyokunさん)
 「らしくない すごくオーソドックスな作品。」(やのさんさん)

 あれれれ。意見が割れてますね。
 まあ、あんまり解く方には関係のないことなのですが、黒マス配置をいい感じに粗くして、
 いろんなことができそうな状態からいつものチマチマ救出に持ち込むというテーマで作ったのです。
 この配置でけっこう難しい問題も作れると思うので、どなたかぜひ。

★3月7日出題のヤジリン(24x14のたいへん)
 ほどよくほどける。

 「小さい数字が多いと難しいんだな〜」(フォイスさん)

 大きい数字で難しくすると気がつきにくいという面もあるのでしょうかね。
 まあ、遠くに決まる1も気がつきにくいですけども。

 「わかりやすい「たいへん」で楽しかった!」(ねこのみーちゃんさん)
 「ど真ん中より右の部分の決まり方、素敵でした」(ちみかなさん)

 ありがとうございます。ヤジリンは自分なりの気持ちよさ重視です。

 「できたー!!」(うさぎさん)
 「できたじゃん」(やいはらんさん)
 「できた」(ゆうちゃんさん)

 たまにはこんなコメントも。ちゃんと読んでますよー。


というわけで逸品館のコメント書いてないことを気づかされた回でした。
いずれちゃんと書きます。
最後まで読んでくださったあなたはついてるでしょう。
ではこのへんで。

11.08.14, 23:04   #11080004

裄紘 / 2011年3月の問題のコメントに反応...(前半)

裄紘です。

唐突ですが、友人や知人からごく稀に「天然ぽい」と言われることがあります。
自分ではそんな自覚は無いのですが、自作のパズルを解いていると、
その「天然らしさ」がパズルに現われているように見受けられることがあります。

今回のコメハンをまとめているときにも、
自分では全く意識していなかった所に思わぬ反応があったりして、
自分の無意識はどうなっているのかと思いました。

では、一体何が起きたのか。
早速見てみましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆3月6日出題のぬりかべ(18×10 おてごろ)
「an interesting use of 1s」(339さん)
「1の塊が目を引きますな。そんなにしょっちゅう使えなさそうだけど。」(alchemistさん)
「1が多いのがちょっと。」(めりりんさん)
→1をメインにした問題。入り口は全て1なのです。

「右下の市松模様にちょっと感動。」(ワトソンくんさん)
→うまくいくと、解いている途中に浮かび上がるみたいです。

「ややこしくて素敵」(メタセコイアさん)
→少しだけ変な感じでしたかね。

「思い込みって怖いねぇ。」(くるぷるさん)
「これくらいだと点なしでいけるんだけどな〜。」(フォイスさん)
→点なしで解いた方々。1を多用すると、よけいに見えにくくなりました。

「途中でおなかが痛くなりました・・・」(いずみんさん)
→この問題のせいでないことを祈ります。



☆3月7日出題の四角に切れ(18×10 らくらく)
「大きな数字がズバッと決まるのが気持ちいい。」(LANCERさん)
「竹を割ったような、ってどんなですか。(さくさく大股で歩く喜び)」(オグランドさん)
「一列が多いなぁ」(ネオ0923さん)
→素数の使い勝手の良さって、気持ちいいと思うのですよ。

「ちょっとした勇気ですべて解決。」(ねあるこさん)
→小さな一歩を大切に、とかなんとか。

「チョット時間かかったかな・・・・・・」(うずらさん)
→むしろ平均的だと思いますが。

「大きな数字2つがぽっかり残りましたけど、ぬりかべじゃないからやっぱり塗らなきゃ終わらないのね。」(はっぴーさん)
→感覚としてはあくまで「切る」パズルなのですが、やっていることは「塗る」のに近いという。



☆3月9日出題の美術館(36×20 おてごろ)
「めっちゃややこしく感じたけど、なんとか解けたぞ〜」(いずみんさん)
→作者としては、適度にややこしい問題を作りたかったのですが、
 思わぬ副作用があったようで‥‥。

「あ〜サクサクと楽しいこと!」(ねこのみーちゃんさん)
「大きなおてごろは遊園地のようです!」(ワトソンくんさん)
→すんなりいった方々。あまり難しい手筋は使っていないのです。

「あまりにもひどい成績で解きなおしたが、それでもこのタイム。
 救出したりされたり、はたまた自照するしかなかったり、いろんなパターンにうまく対応できなかった」(かんちゃまさん)
「えーこれおてがるですかー!詰まるところがないけど結構迷ったけどなあ。
 なんども全体を見直せばすんなりいける問題はおてごろなのかなー。」(たてにょんさん)
「なぜか7回も失敗した。今日は頭が悪いらしい。」(やのさんさん)
→かなり苦戦した方々も。
 もしかしたら、目にきたのかもしれません(後述)。

「裄紘さんは色んなタイプの問題を作りますねえ。」(Hammyさん)
→意図しておかしな問題にすることもありますが、
 全く予想していなかったこともあります。

「大きいけど、すらすら解けた(あぁ、錯視盤面か。他のコメントで気付いた)」(ちみかなさん)
「錯視なのか盤面が歪んで見える」(戦く小野君さん)
「目の錯覚テストの図のようです」(はるかさん)
→別に意識したわけではないのですが、私の作る美術館はことごとく「歪んで見える」と言われます。
 いずれよく研究してみましょうかね。

「うねって見える。錯覚だッ!」(石原莞爾さん)
「錯視がーーー(笑)」(3次関数さん)
「真ん中が私に迫ってくる、ああ・・・」(もんげすさん)
「視界がキモチ悪くなる前に解こうと頑張れる盤面(笑)」(ゆかぴーさん)
→あんまりやりすぎると、パズルを解きながら気持ち悪くなりそうですね。
 平衡感覚を狂わせるパズルって、どうなんでしょうか。



☆3月12日出題のへやわけ(18×10 たいへん)
「ポイントポイントの1がキュート。」(ワトソンくんさん)
→入り口が1限定の、へやわけバージョンです。

「結構白くなるんですねー。」(xevsさん)
→グリッド無しで解いた方。
 こっちのほうが解き易いという人は、どのくらい居るんでしょうか。

「開いた瞬間波及効果と混同して、何をしたらいいのか分からなくなったw。疲れてるのかも。幸い自分は自宅で無事ですが」(くろこさん)
→波及効果の出題開始直後だったんですね。一見すると戸惑うことがたまにあります。

「今こうしてパズルに取り組めることが幸せだと思いながら解きました。被災地の皆さん、お見舞い申し上げます。」(まんぼうさん)
→あれから五ヶ月ばかりが経ちました。
 自分にできるのはパズルを作ることくらいなので、ネットが繋がる人にだけでも
 楽しいパズルを届けられるようにと思って、現在に至ります。

____________________________________________________________________________________________________________


結局、ペンシルパズルなんて「気分転換」や「暇つぶし」のツールでしかないと思うのですよ。

そんなパズルでも、解いたり作ったりしていると、
「おお、なんか滑らかで気持ちいい」と感じたり、
「うーん、悩みに悩んでようやくできた」と達成感で一杯になったり、
「い‥‥一体何が起きたの!?」と驚いたりするわけで。

悲しいことやショックな出来事が度重なっていても、
そうした感覚は大切にしたいと思うのです‥‥というのは、
無事だった人間の身勝手な気持ちでしょうか。

少ししんみりしてしまいましたが、今後もお付き合いしていただければ幸いです。
では、またお会いしましょう。

11.08.12, 11:09   #11080003

Guten / No.299-303

 ためいきをついて夜空を見上げれば まばらな星のナンバーリンク

夏期休暇目前のGutenです。
そしてまた、夏バテ目前です。
さらに言えば、今回の問題は出題から90日経過目前ですよ!
ぎりぎりになってあわててやった夏休みの宿題を思い出しながらコメハンに参りましょう。

☆2月19日出題のましゅ(10x10のらくらく)
 らくらくですが油断禁物。

 「解いている最中は全マス通過とは想像だにしなかった。
  もう少しスムーズにエレガントに解けないかなぁ…。」(かんちゃまさん)
 「最後右上あたり、ズドーンと突っ込んだらチェックで怒られた。
  Gutenさんの「全マスだとなぜ気づかない」の声が聞こえた気がした。」(ゆかぴーさん)
 「最後まで夢想だにしなかった全マス。」(ねあるこさん)

 何度も書いてますが、いかに悟られずに全マス通過させるかにこだわっています。
 そうでないと解き味を損なう気がしちゃうんですよね。

 「手が滑ったような気がしたけど、やっぱり滑ってたかorz」(Take-Pさん)
 「サイズの割に複雑な動き。1分切れず残念〜」(フォイスさん)

 けっこう慎重さを要するらくらくですね。

★2月20日出題のへやわけ(10x10のらくらく)
 記念すべきコメハン300問目。部屋を狭めて連続分断禁。

 「ドアを開けて開けて開けて…。」(ポケットさん)
 「ご案内の矢印が適度に配置された博物館を歩くような感覚。」(ゆかぴーさん)

 例えがなんとなく似てますね。ほめられたと受け止めておきます。

 「やってなかったへやわけ発見ヽ(^o^)ノ 掃除してて千円札みつけたみたいな。」(ワトソンくんさん)

 10円玉じゃなくてよかった。

☆2月21日出題の四角に切れ(18x10のおてごろ)
 やさしい9といじわるな9。

 「9が多め,縦長に切るのは意外だった。」(めりりんさん)
 「9がおとなしいかと思いきや。」(かえるちゃんさん)
 「左下の9三つを全部横に並べたらダメなのはすぐに分かった」(ネオ0923さん)
 「左下のみっつの9で、一瞬答えが二通り??と思い、それはあり得ないから、
  この切り方ーと気が付きました・・・(−−)」(はるかさん)

 ひと通りに決まらなそうに見えますね。唯一解を前提にすると確かに近道ではありますが…

 「カギとなるのは15の四角。」(alchemistさん)

 そうなんです。そこに気がつけば左の9も一気に解決。
 でも一番の見所は15の右の9のつもりです。

☆2月23日出題のひとりにしてくれ(8x8のおてごろ)
 左上から右下にうっすら帯が見えませんか?

 「なぜ気がつかない…」(くろこさん)
 「でけたの〜」(いずみんさん)
 「123ダー」(たろささん)

 なかなか気づけなかった方も多かったようで。
 解く順番によって難易度が変りそうな程よい粗さを感じませんか?
 というのは後付けです。

☆2月25日出題のヤジリン(10x10のらくらく)
 これも油断ならないらくらくです。

 「ツキがないのか、ツキたくないのか。(どこを見るべきかのフィーリングが合わず)」
  (オグランドさん)
 「イメージできなかった。」(ねあるこさん)
 「らくらくかなぁ?私には「おてごろ」。右から2列目の「2↑」がヒントやったんですね。」
  (やのさんさん)
 「そふいふことか。」(小さな郵便飛行機さん)

 優しさはやや少なめでしょうか。そういう優しさなのか。

 「これはいい問題。パッと見、不安になるがらくらく。」(お馬鹿さんさん)
 「久々に点なしで解けました。優しい作者様に感謝。」(フォイスさん)

 バランス取るために褒めコメントも載せてしまいましょう。
 でも「様」はまいなすよんさんだけでいいと思います。


というわけで小さいサイズ中心につつましい感じでお送りしました。
最後まで読んでくださったあなたは残暑を難なく乗り切ることでしょう。
ではこのへんで。

11.08.10, 23:51   #11080002

まいなすよん / 夏休みを待ちながらコメントに反応!

 45回目のまいなすよんのコメハンです。
 ぼくの勤め先は来週の月火と盆休みなのですが、一足先に自主的にお休みに入るヒトが多いせいか、近頃の社員食堂はなんとなく空いているような気がしてます。いつもこうだったらいいのに、と勝手なことを思っていたりします。
 食事もパズルもゆったりした気分で消化したいものです、という思いを込めてコメハンへ、いってみましょう。


☆3月2日出題のぬりかべ(18x10 おてごろ)
 普通のぬりかべです、というのは前回も書きましたか。伸びた白マスがすぐに他の数字にぶつかることが、ぼくの小さめの問題だと多い気がします。特徴というほどのことではないですけども。

・順調すぎて、最後で5が狭いと思ったら、別の5を6にしてたでござる。(くるぷる さん)
 それは災難でした! 早解きでそんな事態になったらエラいことです。今回は予習ということで。

・両端から解いてきて真ん中で合流。このパターンはなんかほっとします。(フォイス さん)
 片端から片端へ一気に解ける、というのを別にすると、一番基本で、また、奥の深い展開ですよね。


☆3月4日出題の数独(9x9 おてごろ)
 なにか書こうとした跡が見えますね……まったく覚えていないのですが。数独の配置は思いつかなくて毎回じたばたする傾向がありますので、主張が篭もっているというよりは、作りはじめのきっかけでしかなかったと思いますけど。

・期限が切れる前に、機嫌を直して。(Pとメに見えまして)BGM:『テニス』任天堂サウンドトラック(オグランド さん)
 なるほど、Pとメですね! これを手がかりになんとか……思い出せません……

・坂の上から岩を転がすがごとし。最初のポイントに気付くまでは視線がウロウロさまようも、気付いて勢いがつけばあとは一気。(ゆかぴー さん)
 短評の風格を備えたコメントをいただいて喜んでいる私です、ありがとうございます!


☆3月6日出題のカックロ(19x11 たいへん)
 どうしてもカックロの配置は45を中心に考えてしまいます。この問題だと標語的に言えば、「納まりの良さの追求」ですかね。

・3 Attempts - went wrong on all - recovered third time(Grey_Fleece さん)
 Thank you for your comment! 3度もトライしていただきありがとうございます! カックロは回復が難しいですよね……上手い人はハタンに気づかせるテクニックとか、リカバリの足がかりを設定しておくとか、これがまた上手いんですけど……

・手があちこち飛んで面白い。(Hammy さん)
 ありがとうございます。45の入ったカックロに関しては、勝手にあちこちに解き筋が飛んでいってしまう部分なきにしもあらずなのですけれども。


☆3月10日出題の四角に切れ(24x14 たいへん)
 好き嫌いの話なのですが、四角に切れは、「ぼんやり解き進めていると、いつの間にか決まる場所が増えている」という展開が好きなのです。いつの間にか感を楽しめる展開に仕上がっていますでしょうか。

・苦手だった四角に切れが好きになってきた。(ワトソンくん さん)
 ありがとうございます! 本質的に「パズルって面白いですよね!」な心持ちで作っていますので、そう言っていただけるのは本当に嬉しいです。

・仮置き必須で、道が狭い。破綻しないか、ドキドキハラハラの大冒険でした。(ねあるこ さん)
 ありがとうございます! 毎日ブラウザでできる大冒険、ですね。


ということで3月上旬分でした。お付き合いいただきありがとうございました。
次回もできましたらお読みいただけると幸いです。よろしくお願いします。

11.08.04, 00:56   #11080001

まいなすよん / 懐かしい歌を聞きながらコメントに反応!

 44回目のまいなすよんのコメハンです。
 ちょっと私用で頑張らなくてはいけないことがあり、思いつきで、中学生の頃好きだった曲を聞きながら作業してみました。あの頃の集中力をもう一度、というつもりだったのですが、はたしてうまくいったでしょうか。結果はまだなのですが。
 そんな中、コメハンの方は、半年ほど昔のことにのんびり思いをはせながら、ゆったりと参りましょう。


☆2月21日出題のスリザーリンク(24x14 たいへん)
 最初はゆっくり、終盤にかけて加速度がついて、みたいな問題を狙ったのですが、3が多いので慣れた方はそう感じられなかったかも知れません。加速度がつきすぎて、うっかり輪が二つに……というところまでは狙っていませんけども。

・3が多い問題は安心感があって好きです。(フォイス さん)
 ありがとうございます。パズルになにを求めるか、は、人によってさまざまで難しいですが、とりあえず書ける、という要素も楽しみのひとつのカタチですよね!

・やっとできました。たいへんでした。何度もわからなくなったので、ちょっと止めたくなりました。(かえるちゃん さん)
 お疲れさまでした! ありがとうございます! 数字が密だとかえって手がかりが見えなくなることもありますよね。


☆2月24日出題の四角に切れ(18x10 おてごろ)
 追求したというほどではありませんが、凹みが見やすくなるようにとは気をつけました。

・解いていて楽しめました(あおな さん)
 なによりです。ありがとうございます。

・たいがい分かんないところを後回しにするとワケわからなくなるのに、この盤面はそれが許される嬉しさ。(ゆかぴー さん)
 そのうち効果的な後回しのコツがわかってくる、かも、しれませんよ?


☆2月25日出題のぬりかべ(18x10 おてごろ)
 テーマは「ふつうのぬりかべ」です。ちょっとずるいでしょうか。

・2分切りたいな!(まんぼう さん)
 スピードに関しては、ぼくも秘訣を知りたいところです。速い人は特注のマウスを使っている、ということもないと思いますし。

・とととんっと早足でつんのめるように埋まっていきました。(ワトソンくん さん)
 単に好みですけど、スケートリンクを滑るように黒マスが埋まっていく問題よりも、小刻みに操作して決めていくぬりかべのほうが好きなのです。そこをうまく表現していただいた気がします、ありがとうございます!


ということで2月下旬分でした。今回は短め。お付き合いいただきありがとうございました。
次回もできましたらお読みいただけると幸いです。よろしくお願いします。

記事の末尾です