12.02.12, 23:42   #12020005

裄紘 / 2011年9月の問題のコメントに反応...(前半)

裄紘です。
まず前回のコメハンで書いた体調不良ですが、
今は全快しております。
ご心配をおかけしました。
お見舞いの言葉は特にありませんでしたが。

ところで普段のコメハンだと、頂いたコメントの大部分を載せているのですが、
その分、一つひとつの反応がおざなり気味になってしまうように思いました。
なので今回は、コメント数は少なめにして、その分反応を多めに書いてみました。

‥‥決して、コメントが少なかったというわけではありませんよ。
それでは、いつもよりちょっとだけ違うコメハンを始めましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆9月5日出題のへやわけ(10×10 らくらく)

「なんて盛りだくさんのらくらく。」(ワトソンくんさん)
→初級手筋てんこ盛り。当時はそこそこ気に入っていました。

「ポチしっかりつけないと解けません。らくらくじゃない。」(やのさん さん)
「点なしでは厳しい。」(ねあるこさん)
→三連禁も随所に。
 慣れている人ほど苦労するのも、らくらく問題の醍醐味(?)ではないかな、と。



☆9月10日出題のスリザーリンク(24×14 たいへん)

「すごい!四角だらけだ。でもこういう数字が連続しているパターンは意外と苦手っぽいです。数字に目移りしてしまうというのかな。」(はっぴーさん)
→スリリンの数字配置にはよく悩むのですが、
 結果的にはどういうわけか一直線に並べることが多くなってしまいます。
 いい感じに分散させるのが苦手なもので‥‥。

「思いのほか伸びていくのでハラハラでした。」(かえるちゃんさん)
→名前どおり、ヘビのような動きでしょうかね。



☆9月11日出題のぬりかべ(45×31 たいへん)

「80は意地でも数えない。」(たろささん)
「80は数えてないけど合ってるだろう」(ネオ0923さん)
「80はもちろん数えない」(こだまさん)
「すごいなぁ。80は全く数えず。」(かずひろさん)
→中心に鎮座する大きな数字。
 こういうのは、奇数×奇数マスの盤面でないと出来ませんからね。

「オチが読めているのに解いていてラストに向かって気分が盛り上がるのはすごいことだと思います」(山本祐輔さん)
「左上、右上と解いた時、まさかと思いましたが、やはり思った通りでした。
 大きな割には解きやすくて、なかなか楽しい問題でした。」(LANCERさん)
→この手の問題は、解いている途中でその後の展開がわかってしまうので、どうなのかなとも思います。
 でも期待通りに進んでいくのも、それはそれで楽しいのかな、と。

「ぬりかべたちが中央へ集まりはじめていき紆余曲折しながらクライマックスに向けて進む感じがたまらない作品です」(ねむってりせっとさん)
→アメーバ状というか、ラーメンのスープに浮かぶ油というか。
 得体の知れない物体が合体していく様には、知的好奇心をそそられるものがありますね。
 どうでしょう?

「divide and rule! 実質1/4サイズ×4」(しんしましまさん)
→ちょうど、並んだ白マスが境界線みたいに見えますしね。

____________________________________________________________________________________________________________


というわけで、いろいろ語ってみました。
後半分をどうするかは、そのときに考えます。

では。またお会いしましょう。

12.02.01, 19:16   #12020001

裄紘 / 2011年8月の問題のコメントに反応...(後半)

裄紘です。
このところ寒い日が続いておりますが、私は体調を崩してしまいました。
今年初の風邪であります。
おめでたくもなんともありませんな。

症状は悪化する一方ですが、気分だけでも元気になるべく、
いつものように始めましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆8月12日出題の橋をかけろ(22×13 たいへん)

「「橋をかけろ」の「たいへん」であるのに分断禁に頼らずに解けるのがよろしいです。」(もんげすさん)
→最後の最後で、変則的な分断禁を使ったりしていますけどね。

「たいへん?」(にょろにょろさん)
「たいへん、かなぁ?」(おみすけさん)
「おてごろ感たっぷりでした」(たぬき丸さん)
「これだとおてごろでもよいのでは?」(alchemistさん)
→解いていて、自分でもきわどい所かなとは思いましたが。

「ぽんぽんとテンポで進む感じ。」(かえるちゃんさん)
→あまり早すぎず遅すぎず、といったところでしょうか。



☆8月28日出題の美術館(36×20 たいへん)

「真ん中部分はデータ入力し忘れたのかと思いました(笑)。楽しい展開ですね。」(ポケットさん)
→開いた瞬間に「バグった?」と思わせたいがために作りました。

「真ん中の空間がどうなるんだろうというワクワク感」(くるぷるさん)
「これはすごい。こんなに空白地帯があっても成立するのか。」(りんごりんごさん)
→制作当初は、もう少しだけ空白部分が大きかったのですが、
 途中でうまくいかなかったために黒マスを数箇所足したのです。

「最初に開いたときのインパクトがすさまじかったです。」(かりんさん)
「かっこいい盤面。大変さはあまりない。ビジュアル系好き!」(やのさん さん)
→普段はあまり見た目にこだわらないのですが、
 美術館はわりとやりやすいですね。

「コムの美術館ならでは。終盤のひねりもお見事。」(ねあるこさん)
→制作時は紙とペンで解いていたのですが、
 紙媒体だとあまりにもわかりづらくて大変でした。

「インパクトが凄い。対岸に届いた光がちゃんと仕事してるのもなんか良い。」(おとやんさん)
→思わぬ所に手筋が発生するのも好きなんです。

「真ん中のあかりがさびしそう」(ミナミさん)
→いや、案外居心地がいいかもしれませんよ。
 周囲がギッシリしているよりは。

「突然遠くまで光が届くようになったのが感動的でした。夜になって灯台のあかりがともったようで。」(ワトソンくんさん)
「上下左右へと光の架け橋のようで楽しかったです。」(なめ猫にゃさん)
→光のアートって、なんかいいですよね。
 ジェームズ・タレルやオラファー・エリアソンみたいな‥‥などというのもおこがましいのですが。

「最後の詰めがこの問題の肝でした。 中央の大広間での催しが楽しみな美術館ですね。」(LANCERさん)
「この大広間、耐震構造的にダイジョブ?」(ゆかぴーさん)
→まさかの野外美術館だった、なんて。

「中庭の芝生の周りに生垣迷路。」(めりりんさん)
→そもそも美術館ですらなかったようで。

____________________________________________________________________________________________________________


そんなこんなで、いつもより少し縮小気味でお届けしました。
とりあえず、明日の朝までに回復していなかったら、
素直に病院に行って来ます‥‥。

ではでは。またお会いしましょう。

12.01.12, 22:38   #12010003

裄紘 / 2011年8月の問題のコメントに反応...(前半)

裄紘です。
あけましておめでとうございます。
新年のご挨拶をするには、いくらか日が経ってしまいましたが。

早いもので、今年ももう61分の2が終わろうとしています。
早いのか遅いのかわかりにくいですね、これでは。
というわけで、本年最初のコメハンを始めましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆8月6日出題のヤジリン(24×14 たいへん)

「手のつけどころがしょっちゅう分らなくなって難しかった」(戦く小野君さん)
「じっくりじっくり解けていきました。」(LANCERさん)
「あああ。やっとできた。何度も迷ったが、最後にたどりついた手筋は正解。」(メルチャンパパさん)
→それほど難しくしないでおこうと思ったのですが、
 やはり迷ってしまう方も多かったようで。

「「3面が壁」を突き詰めたパターンですね。これは見つけにくいので、難しかったです〜。」(にょろにょろさん)
→この手の黒マスは、だいたいチェックを押してから塗り落としに気づくことが多いので、
 いっそメインにしてしまおう!と思ったような、そうでもなかったような。

「なぜか10回くらい破綻しました。情けないです。」(deuさん)
→なんとも不思議なこともあるもんですね。
 こうなってくると、問題の方が悪かったのではないかという気がしてきます。



☆8月7日出題のカックロ(21×13 おてごろ)

「入口がおおよそ23−16でわかりやすかったけど、上級タイム厳しすぎ。」(alchemistさん)
→なにかと使いやすい手筋なので。
 ただ単に、2マスと3マスの絡みが多いだけかもしれません。

「少しも埋まらない上級との格差。」(ねあるこさん)
「5分でできる気がしない」(かずひろさん)
→私も、どういうわけかカックロは時間がかかってしまいますね。
 他のパズルはわりと平気なんですが。

「入口はたくさんあるのに出口がない。計算間違いした。」(やのさん さん)
「駅弁、どこで食べようかなぁ。。(中央で終わらないミソ)」(オグランドさん)
→言われてみると、どこで終わらせるかの制御が難しいパズルかもしれません。

「快適〜このくらいが楽しい。」(Hammyさん)
→あまり長い列はありませんでしたからね。
 私も、このくらいの密集度だと作りやすくて気が楽です。

「むずかしかった。むずかしかったよおぉ(裄紘さん、お願いだからこれ以上大きなサイズのカックロは作らないでええ」(ちみかなさん)
→ご心配なく。ちゃんと早解きサイズ(31×21)も作ってありますから。

____________________________________________________________________________________________________________


こんな感じで、2012年も頑張ってまいりますので、
お付き合いして頂ければ幸いです。

それでは、またお会いしましょう。

11.12.29, 16:36   #11120010

裄紘 / 2011年7月の問題のコメントに反応...(後半)

裄紘です。
7月分の残りをはやくしなければ‥‥と思っていたら、
いつの間にやら年末になってしまいました。
おまけに、よんさまとGutenさんが投稿した直後という、
なんともタイミングの悪いことに。

そんなこんなで、(現時点では)年内最後となるコメハンです。
いつも通り始めましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆7月17日出題のへやわけ(24×14 たいへん)

「白い」(かずねぎさん)
「空間が多い」(ネオ0923さん)
「素敵すぐるw」(jyokunさん)
「緻密なザックリ感」(お馬鹿さん さん)
→コメント一言でおおよその検討がついてしまいますね。
 もはや、これをへやわけと呼んでいいのでしょうか。
 そんなことを思いながら作った問題です。

「□3を避けつつ自然に。 きれいですね」(はるかさん)
「3連にならないように気をつけてました」(あおなさん)
「白マス先行で決めていくのが風変わりでおもしろい。」(めりりんさん)
「白マスの決まり方が新鮮なかんじです」(モカプリンさん)
「3連禁の筋。おもしろい。」(つくばねそうさん)
→へやわけって、黒マスがメインの問題が多いので、
 白マスにももう少し仕事をさせようと思ったのです。

「ありそうで、あまり無いパターン」(らんだぁさん)
「ありきたりの手筋の組み合わせだけでここまで独創的な解き味をだせるとは。。。」(あんみつ(はにぃP)さん)
「普段のニコリの問題と解き味が違って新鮮でした。」(deuさん)
→やっていることは定番中の定番なんですけどね。

「1回破綻。5 in 4 room...」(ちゅうさん)
→大きめの数字でも、使い方次第では少なく感じられるのではないか、と。

「黒マスによる分断禁をメインにしていない。マークしながら解いた方が面白そう。」(LANCERさん)
「へやわけというより塗り絵でした。」(はっぴーさん)
→慣れている人だと、白マスをマークしないで解く人が多いですからね。
 それはそれでいいのですが、私はマークする派なので、そのあたりの違いがあるみたいです。

「とめどなくあふれる水また水! マークを薄緑のマルにしてるので、ほんとに水の中に飛び込んだような気持ちよさでした。」(ワトソンくんさん)
「これはなんだろうって感じ。夏の涼しさを感じました」( ろうさん)
「畳のダニさえ、りっぱな住人だ。(1の威力に感嘆す)」(オグランドさん)
→なんとなく、夏向けの問題でしょうか。

「見落としさえなければ、難しくないと思う(自分のタイムがよくないので、少し遠慮がちなコメント)。
 風通しのよさそうな部屋わけ楽しかった。」(やのさん さん)
→普段はモノでぎっしり埋まっている部屋を一気に片付けると、
 なんだか同じ部屋とは思えない感覚になりますよね。

「スカスカでスカッ!初めてへやわけで同じ問題を4回も解いたかも。」(おみすけさん)
「こんなにスカスカで大丈夫なのかしらって心配になります」(ひじりんさん)
「なんかスカスカした印象」(CHUNさん)
「なんというスカスカ(笑)」(3次関数さん)
→部屋は広い方がいいですから。

「赤さんとかこういうの好きそう。」(polakeさん)
→そうやもしれないです。

「半袖さんを意識した?」(ちみかなさん)
「時代の最先端ですね!」(半袖愛好会の男さん)
→えーと、作っていた当時はそれほど意識していなかったのですが、
 解き直してみると、思いっきり影響受けてますね、コレ。



☆7月19日出題のヤジリン(18×10 おてごろ)

「不思議な新しさ。数字がいきなりは決まらないところが新しい?」(Hammyさん)
「遠目の矢印に徹してた。けっこうスムースに解けました。」(LANCERさん)
→この問題に限ったことではないですが、思わぬ所にある数字を活躍させるヤジリンが好きなのです。

「矢印がいつもと逆を向いている、ような錯覚。」(alchemistさん)
「矢印がそっぽ向いてる感じ。下向くなよと言いたくなった。」(ねあるこさん)
→狙ったわけではないのですが。まぁ、数字を責めないでやってください(?)。

「やっぱりヤジリンは楽しいなあ。独特の楽しさがある。」(ねこのみーちゃんさん)
→なんでしょうね。
 なんだか不思議な魅力がある気がします。



☆7月30日出題の橋をかけろ(22×13 たいへん)

「大きい割にスカスカだから分断は見つけやすかった。」(はっぴーさん)
→分断がわかりにくい問題も好きなのですが、
 作るときの負担もまた大変なので、自分の問題はわかりやすくなってしまうみたいです。

「分断禁のオンパレード。6が救いのような、そうでないような。」(alchemistさん)
「6が分かりやすくしてくれていました。でもつなぎにくかったなあ。」(やのさん さん)
→使いやすいようで、意外と使いどころが難しい。そんな数字ですね。

「反則技使っちゃった気分難しかった・・・」(平ままさん さん)
→一体、何を‥‥。

____________________________________________________________________________________________________________


今年一年もいろいろなことがありましたが、
その一方でいろいろなパズルが出題されました。
来年は、果たしてどうなるのでしょうかね。

それではまたお会いしましょう。
皆様、よいお年を。

11.12.11, 16:35   #11120005

裄紘 / 2011年7月の問題のコメントに反応...(前半)

裄紘です。

今年も残り僅かとなりました。
そういえば、まだ年賀状を書いていません。

年内にやらなきゃいけないこともまだまだ残っていますが、
まずはコメハンを進めるべく、始めましょうか。

____________________________________________________________________________________________________________


☆7月12日出題のぬりかべ(36×20 たいへん)
「いくつもの四角い部屋が」(めりりんさん)
「四隅が爽快に決まって面白かったです。」(ピシャーチャ!さん)
「四隅が豪快でしたー」(かりんさん)
「四隅(笑)」(Hammyさん)
→長方形のシマがマイブームだった当時の、暴走しきった問題。

「四隅と真ん中の空間が」(ネオ0923さん)
「四隅と真ん中の9二つ、凝ってますなぁ。」(alchemistさん)
「四隅が見せ場だと思ったら真ん中もなのね。そして、それ以外も白マス自然発生が楽しかった」(ちみかなさん)
→個人的には四隅よりも中央の方が好きなんですが、
 そっちに触れる人は意外と少なかったですね。

「4隅はまさかと思っていたらその通りの決め方でびっくりしました。そして最後にもう一度驚きました。」(あおなさん)
「四隅は空白のネタだと思って埋めてしまったが、最後にもう一段ネタがあって笑った。」(くろこさん)
→ある種の二段オチ。手筋としてはそれほど難しくないので、最後くらいは。

「四隅のパターンは、最後の最後で崩したくなる人とすべて整えたくなる人とがいそうな気がします。」(ポケットさん)
→どちらのパターンも好きなのですが、ここでは清潔さが勝ちました。
 アイデアをもう一捻りする根性が無かったこともありますが。

「四隅はこれでいいのだろうか?別解が無いのか気になります。真ん中の2つの9も。」(LANCERさん)
→えーと、一意解の筈です。作っているときにも不安で仕方がありませんでしたが。

「四隅は罠かもと思ったけど、違いましたね^-^;;」(あんみつ(はにぃP)さん)
「罠があるかと思ったら、ないんかい。やられたよ。」(ねあるこさん)
→何もないこともサプライズなり。とかなんとか。

「予想通りだが確定するまでがまんするのがつらかった^^;」(さぶろうさん)
「四隅の大きい数字はどんな形になるのかすぐに予想できたw。」(戦く小野君さん)
「長方形をカンで決めたくなるのをグッとこらえて。」(カインさん)
「こらえて、最後まで理詰めで」(パグ?さん)
「途中4隅を埋めたくなる誘惑が」( ろうさん)
→なんだか、いらぬフラストレーションを与えてしまったみたいで、ちょい申し訳ないです。

「なんか、楽しい手すじ・・・」(アスクさん)
「面白かったー。」(かずひろさん)
「何という・・・。斬新さ!」(ふゆ茶さん)
「んーーーーー。目からウロコ!」(ゆかぴーさん)
「これはわかったよ」(やいはらんさん)
「ひとこと「Good job!」といいたい。」(たろささん)
→ひとこと、ありがとうございました。

「な〜んかボツ箱風味が漂ってますね^^」(CHUNさん)
「This is a Botsu Bako problem! (-:」(MrDeathさん)
→残念ながらまだ一線は越えていなかったみたいです。

「こういう問題は定期的に解いてみたいです♪」(おもちゃのたぁたぁたぁさん)
→おそらく、たまに解くからいいんです。こういうのは。

「四角の位置どりが普通と違いますね。
 また何百通りも考えるのかと戦々恐々としましたら、あっさり決まりました。」(はっぴーさん)
→度々のことですが、苦労をお掛けしました。
 でも反省はしません。

「ここはこうに違いないという信頼関係もコミュニケーションですかね」(geneさん)
「座談会後のタイムリーな1問。四隅と真ん中の9が「自己表現」なんですね!」(あきあさん)
「まさに、裄紘氏の「自己表現」を味わう1問。」(にょろっぴぃさん)
→というわけで、にょろっぴぃさんとの座談会直後の出題だったのでした。
 実を言うと、四隅の手筋はにょろっぴぃさんの2009年6月30日のぬりかべ(逸品館にあります)に
 かなりの影響を受けています。
 でもなんか、中央あたりを攻めていったところで、狂ってきました。



☆7月14日出題の波及効果(10×10 おてごろ)
「左半分はすんなり、右半分は何回か詰まりつつ解けた」(戦く小野君さん)
「右側、少しずつ入りにくくなる。1度目は最後の2マスで破綻が分かったのだけど、
 2度目やってみて、早くから間違っていたということが分かった。」(やのさん さん)
→難易度にかなりのムラがある問題なのでした。

「左半分は軽快に埋まり、右に移ってテンポチェンジ。ビートルズのI want you /She's so heavy みたいな」(ワトソンくんさん)
「君の隣は、いつも誰か別の男がいる。(結構狭き道)BGM:『片方ずつのイヤフォン』平井堅」(オグランドさん)
→いろんな言い方があるものですね。

「簡単そうに見えて、実は後半結構ハード。」(alchemistさん)
「途中完全に手が止まったのは、見逃してたんだろうな」(くるぷるさん)
「ふう、やっぱり手間取ってしまいます。」(LANCERさん)
→作った当時はそれほど難しくないと思っていたのですが、
 解き直してみると‥‥これはどうなのかな、とも思ったり。

「1は好きです。」(かえるちゃんさん)
→表出数字なしの問題だと、必然的に1に活躍してもらうことになるのです。

「よしとしよう」(ぬーべるめぞんさん)
→ま、いいんじゃないでしょうか。

「korehaotegorojanakattayomuzukasikatta」(やいはらんさん)
→watasimo souomoimasu.

____________________________________________________________________________________________________________


残りの分のコメハンも年内にやらねばと思いつつ、
果たしていつになるのやら。

では、またお会いしましょう。

11.11.28, 22:01   #11110009

裄紘 / 2011年6月の問題のコメントに反応...(後半)

裄紘です。
オフ会へ行かれた方は、お疲れ様でした。
残念ながら不参加だった方は、また次の機会にお会いできることを。

私も参加したのですが、こともあろうに当日は体調を崩してしまい、
他の方とあまりお話することができませんでした。
やはり体調管理は大事ですね。
って、先月と同じようなことを‥‥。

まだ回復しきってはいませんが、後半も始めましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆6月19日出題のぬりかべ(18×10 おてごろ)
「17の伸び方、素敵」(ちみかなさん)
「やっぱり17が最後か...。」(alchemistさん)
「最後は17で締め。」(ねあるこさん)
「ラスト、17の後半は一気に。」(ワトソンくんさん)
→ズルズルと伸びる17。
 本当のことを言うと、もう少しきれいにしたかったです。

「17は数えずにできた」(戦く小野君さん)
「17を数えなくてすみました」(お馬鹿さん さん)
「17は数えない!」(ぼたんさん)
「17は数えずにどーんと。」(かえるちゃんさん)
「17を数えることなくスムーズに解ける。」(カインさん)
→確かに、全く数えなくても解くことはできるのですが、
 その代わりに直感というか空間把握力というか、そういった類のものが必要となる気がしますな。

「これまで数えないで行くというのがなかなかできなかったのですが、
 この17は全く数を意識しないでできました。」(ねこのみーちゃんさん)
「久しぶりに大きな数字を数えずにすんだ。」(かんちゃまさん)
→実は、大きめのシマのマス数を一つずつ数えさせるのって好きなんですが、
 今回はそれを控えてみました。
 心を入れ替えたなどという清い理由ではなく、答えを一意にするにはこうするしかなかったのです。

「17を数えなかったら16だった (^^ゞ」(TACTICSさん)
「最後の17は数えなかったですが、形を間違えました。」(はっぴーさん)
→その一方でこんな方々も。なんという罠でしょうか。

「よっしゃああああ!!」(いずみんさん)
→とりあえず、おめでとうございます。で、何があったのですか。



☆6月20日出題のスリザーリンク(10×10 らくらく)
「らくらくのはずなのに1分切れなかった」(戦く小野君さん)
「上級タイム1分なのか」(たろささん)
「さくさくだけど一分は無理でした。」(ねあるこさん)
→初級手筋が盛り沢山のわりに、上級タイムが厳しかった問題なのでした。

「ちょっと間違えてしまった。」(LANCERさん)
「楽々とはいかんか!」(メルチャンパパさん)
「クリックミスでタイムオーバー。」(alchemistさん)
→ついでに、余計な一手を誘発させる問題でもあったようです。

「なんだか、ふわふわした感じで解けていって、気がつけば線がきちんとループを作っている。
 なんというか、変な浮遊感に支配されながら、作者の思うままに、解かされていったような。
 そんな一問だったように思います。」(ちみかなさん)
「ちみかなさんのコメントにひとりで壷ってましたうわあごめんなさいゆるして」(あんみつ(はにぃP)さん)
→‥‥いや、なんか、微笑ましかったので。



☆6月22日出題の美術館(18×10 らくらく)
「テンポよく、見た目もきれい。」(カインさん)
「楽しい流れでした」(Hammyさん)
→あまり主張することもないような問題ですが、作ってて単純に楽しかったです。

「らくらくだけど一本道じゃないので適度に考える。いいかんじ。」(たてにょんさん)
→複数のルートがぶつかって一つに、という流れは良く使うのです。

「きれいなかたち。紫陽花を連想しました。」(ワトソンくんさん)
→言われてみれば、そう見えなくもないですね。

____________________________________________________________________________________________________________


えーと、
「オフ会で言ってやりたいことがあったのに!」という方は、ごめんなさい。
でもまぁ、何か意見があるのであれば、
ここのコメント欄も遠慮なく使えるので(多分)。
「コメハンに対しての反応」をしてみるのも、いいかもしれませんよ。

では、またお会いしましょう。

11.11.12, 11:28   #11110004

裄紘 / 2011年6月の問題のコメントに反応...(前半)

裄紘です。

今年のオフ会の参加受付が始まりましたね。
私も参加予定なので、当日にお会いできる方々はよろしくお願いします。
昨年のような「合計得点ゼロ」にならないよう、頑張っておきたいものです‥‥。
(第4回の報告を参照)

そんなこんなで、今月も始めましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆6月2日出題のヤジリン(10×10 らくらく)
「0の中に一意に決められる数字があってかわいらしい問題。」(ちみかなさん)
「すっきり解けました。 みなさん速いですねぇ…。」(LANCERさん)
→表出数字全部がすぐに確定する、そんな問題が作りたかったのです。

「0が多いのも楽しいね」(ネオ0923さん)
「らくらくとはおもえないけどいいもんだいだなぁ」(やいはらんさん)
→黒マスよりも先に線が引けるところが多くなりますからね。

「うわー、0だらけで数字が見えませんでした。」(ねこのみーちゃんさん)
「らくらくだけど、0が多いと戸惑う。」(ねあるこさん)
「やはり0は難しいですね。見落としやすい。」(はっぴーさん)
→と思いきや、こんな方も。ちょいと多すぎましたね。

「黒マスを全部埋めてから線を引こうと思ったが無理だった。」(戦く小野君さん)
「0から逆算してチェックしていくのは意外に難しいような。」(たてにょんさん)
→ちょっとマニアな遊び方。



☆6月8日出題の橋をかけろ(16×9 おてごろ)
「すらすらと線が進んだ。初心者にも優しい設計ですね」(ちみかなさん)
「親切がいっぱい」(ねこのみーちゃんさん)
「とても親切。」(ねあるこさん)
→サクサク進むように、入り口を多めにした問題でした。

「らくらく、と言ってもいいくらい。」(alchemistさん)
「らくらくだと思います。(ってタイム遅いのに偉そうに書いちゃった…(^^ゞ)」(TACTICSさん)
「おてごろよりはらくらくに近い気がしました。6とか8のお陰かな。」(かえるちゃんさん)
「これはらくらくでいいとおもうのですが」(たろささん)
→手筋としては易しいのですが、手をつける所が多すぎたからでしょうかね。

「二本橋で完結する数字がたくさんあると、なんとなくリッチな感じがします。」(ワトソンくんさん)
「最近の橋は頑丈な作り」(お馬鹿さん さん)
→実際、線一本だと橋としては不安定な気がします。



☆6月12日出題のへやわけ(10×10 らくらく)
「縦長な感じが楽しいです」(はるかさん)
「縦長が多い変わった部屋割り」(めりりんさん)
→盤面全体が縦長な問題でした。

「すごい盤面」(ケロチャンさん)
「全体的に細長い感じですね(笑)。」(ポケットさん)
「変でいい!細長い部屋が面白いです。」(Hammyさん)
「なるほど。細長い部屋も恐れることはなかった。」(かんちゃまさん)
→こういう細長い部屋は、普段は入り口として使うことが多いのですが。

「ピュッと直線を埋めるときホントに数合ってるかな?と」(はっぴーさん)
→便利機能にも思わぬ不安要素が。

「中央の4は、落ち着けばすぐわかるのに、一瞬考えた。」(やのさん さん)
→解きなおしてみると、少し見えにくかったですね。

「確かにらくらくなんだけど、らくらくじゃない気がしてならない」(ちみかなさん)
「確かにらくらくなんだけど、しっかり考えさせられます。」(ねあるこさん)
「なんでこんなにひっかっかったんだろう。ちぇっ」(かえるちゃんさん)
「らくらくの範囲か。」(メルチャンパパさん)
→さっきの橋かけとは逆のパターン。どうも、難易度の話は難しいですね。

____________________________________________________________________________________________________________


この月は、全体的に小サイズで易しい問題が多かったような気がします。
コメントも少ないかと思いきや、いろいろと書いてもらえました。

残り半分は、また後日です。
それでは、またお会いしましょう。人によってはオフラインで。

11.10.13, 22:22   #11100003

裄紘 / 2011年5月の問題のコメントに反応...

裄紘です。

季節の変わり目とあって、風邪をひいて体調を崩してしまいました。
ようやく具合は良くなったものの、まだまだ咳が続きそうです。
だいたい普段から風邪をひくと、喉の症状が一番重いものでして。

体調管理にも気を掛けながら、早速始めましょう。

____________________________________________________________________________________________________________


☆5月7日出題のへやわけ(24×14 たいへん)
「部屋の中に間仕切りができていたり、そうかと思うと、ふすまをはずして、2間続きになったり、リフォームし放題。」(やのさん さん)
「テーマがはっきりしていて楽しい問題でした。」(ワトソンくんさん)
→以前のコメハンでも書きましたが、
 『複数の部屋で一つの手筋』とか『大きな部屋の中に小部屋ができる』とか、そんなのが好きなんです。
 というわけで、趣味に走りまくった問題でした。

「右の方のいくつかの1が考え所。」(カインさん)
「苦戦した。1の手筋は見えてたんだけど・・・。」(ねあるこさん)
→周りが黒マスでギッシリ埋まっている中で、
 やたら白い部屋があると、妙な開放感がある気がします。

「1とか2の大きい部屋がおもしろかった。」(パグ?さん)
「こうだったかぁ。小さな数の大きな区切りが楽しかったです。1とか、2とか。」(かえるちゃんさん)
→考え方としては定番な手筋ですが、捻っている感じがして好きなのです。

「6に気づくのに時間がかかった」(お馬鹿さん さん)
→ある意味、この問題のハイライトですかね。

「素直に解けました。これなら「塗らないマーク」必要無かったかな。」(たぬき丸さん)
「白マス使用したけどノルマ達成」(ネオ0923さん)
→そういえば、三連続禁はあまり出てませんでしたね。



☆5月16日出題の橋をかけろ(22×13 たいへん)
「最後は一つながりになるように注意して」(ちみかなさん)
「とにかく繋がるようにかけていきました。」(かえるちゃんさん)
→最後の最後まで分断禁を多発させました。

「終盤、分断しそうなところがわからず困った。」(かんちゃまさん)
「後半の分断禁がなかなかハード。」(Hammyさん)
→どうも橋かけの難しい問題は、
 どこがどう繋がっているのかが見つけにくいものが多い気がしますね。

「最後は勘でした。」(LANCERさん)
「最後の方は感覚的に。」(カインさん)
「最後はひたすらつながりを増やす方向でやりました。ええ、勘ですとも。」(alchemistさん)
→というわけで、直感を使った方々も。
 なんだかんだ言いながら、私もよくやります‥‥。

「小さい島ができないように繋げていく手筋が多い印象」(戦く小野君さん)
「ほっとくと天涯孤独になってしまうシマがたくさんあって、忙しい仲人おばさんになりました。」(やのさん さん)
→掛けるのは橋ではなく縁だったと。



☆5月20日出題のカックロ(21×13 たいへん)
「ちょっともたついたが、そうでなくても上級目標タイムは厳しい…。」(かんちゃまさん)
「終盤の詰めがきびし〜い。」(alchemistさん)
→作った当時は、一体何を考えていたんだろうか‥‥と思います。
 かくいう私も、最近になってようやく解けましたから。

「序盤はスラスラ解けたが、終盤何回もハタンして手こずった」(戦く小野君さん)
「集中力がなく、あちこちつまみ食いしながら解きました。」(ねあるこさん)
→いろいろと苦労をお掛けしました。
 多分、作るのにまだ慣れていなかったんだと思います。

「気持ちよく解けました.」(deuさん)
→記録は、なんと3分。さすがですね‥‥‥。

____________________________________________________________________________________________________________


そういえば、ちょうど今年の五月にも風邪をひいていました。
しかも、ひと月の間に二度も。
今月はこれ一回で抑えたいものです。

では、また来月お会いしましょう。